栃木県で建てるブレッシングフレームとは

栃木県で建てる木の家
blessing_key_text.jpg

政府与党は、平成18年9月に建て替えをせずに長期間住み続けることが出来る「長寿命住宅」の普及に乗り出す「200年住める家」構想を公表しました。

少子高齢化の一環ととらえるこの構想ですが、今後の社会保障の負担増に備えることやこれからの世代の貯蓄率の低下を危惧したものと言えるでしょう。

それ以上に家庭生活のベースになる家が、消費文化の流れに乗り数十年の耐久性やその他の理由により買い替えを必要とする現状はどうなのでしょう?



私達が造る家は、技術をもった職人の知恵が造り上げた
日本と欧州の伝統木造建築を忠実に再現した構造を持つ建物です。

厳選吟味された樹齢百数十年の天然木を
無垢材 八寸角(24cm)で、主要構造部を構成します。


CIMG0162.JPG0037.jpg



私たちが望む家には、
1. 長寿命
2. 自然素材
3. リサイクル

というキーワードはかかせません。


家を建てた後 朽ちていく住宅ではなく、
住むほどに風合いをかもしだし、それが街並みにとけこむ
ワンランク上の次世代を見据えた住宅。
それが“Blessing Frame”です。


019.jpg



外観や内装の好みは人それぞれですし、時代時代の流行すたりもあります。中には普遍的な古き良き物もありますが、なにを選ぶかは施主様の自由です。

しかし、長い期間に渡ってしっかりとその役目を果たすことが出来る家を建てることは、建築をされるみなさんに大切なことだと思います。

世界的に見ても長寿国である日本の家が、世界的に見て短命なのは非常に残念なことです。

この、Blessing Frameを使って長寿の家を実現しましょう!!


Picture 125.jpgPicture 214.jpg



ブレッシングフレーム(大断面フレーム住宅)の特徴は
1. 耐久性
2. 耐震性
3. 防火性
4. 経済性
5. デザイン性


が挙げられます。
そんな木の家を栃木県で建てている星住宅です。

星住宅の「森の建築家通信」もご覧下さい。


詳しくは、下記より資料をご請求ください。





posted by 管理者 at 00:00 | ブレッシングフレーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。